マンション経営をはじめよう|失敗しないための情報サイト

成功するための秘訣

インテリア

多くのサラリーマンの方が、区分マンションを購入しマンション経営を始めています。これから区分マンションを購入する方は、立地と設備、管理を重視するようにしましょう。3つのポイントを重視することで、失敗しないマンション経営を行えます。

Read

的確な運用計画が大切

夫婦

損益分岐ラインを下げる

マンション経営において代表的な失敗のパターンが、借り手がつかないために想定していた賃料収入が得られずに損益分岐ラインを下回ってしまうというケースと、その物件を売却しようとした際に、想定よりも低い額でしか売れず、それまでの賃料収入で得られた利益を吐き出して損失を被ってしまうというパターンです。このような失敗をしないための重要なポイントは、1つがマンション経営の損益分岐ラインを下げるための取り組みです。マンション経営においては余程空室リスクを高く見積もった場合などを除けば、賃料収入が想定を大幅に上回るということはまずありません。従って、マンション経営における損益分岐ラインを下げるための有効な取り組みは、コストをいかに低く抑えるかなのです。そして、コストの中でもより大きなウェートを占めるのは投資先のマンションの購入費用となります。ですので、例えば新築物件ではなく中古物件の中から優良物件を探すなどといった購入費用を下げるための工夫が大切なのです。

売却時の想定を立てておく

マンション経営で失敗をしないためのもう1つのポイントとなるのが、対象物件の購入前に、予めその物件を何年後にいくらで売却できそうか、という売却計画の想定を立てておくことです。そしてこの想定売却時期と売却額を運用計画に加味すると、希望する利回りを実現するためには売却までの期間にいくらの賃料収入が必要になるかが分かります。さらに、その額を空室リスクも反映させた想定売却時期までの期間の月数で割れば、希望する利回りを実現させるために必要な家賃の設定額が算出されるのです。そして、こうして算出された家賃が借り手がつく妥当性のある額と捉えられるか否かで、その物件を購入するか否かの判断を行うべきなのです。また、こうした検討の際にマンション経営の失敗のリスクを少しでも少なくするのであれば、想定売却額と空室リスクをシビアに設定しておくことが有効です。

成功に欠かせないこと

打ち合わせ

マンション経営で失敗をしないためには、まずは不動産投資会社が主催しているセミナーに参加することが重要です。セミナーに参加し、成功するために必要不可欠な知識を身に付けましょう。また、不動産投資会社に相談をし、しつこいくらいに質問をしてくるかを確認する必要もあります。

Read

不動産経営の落とし穴とは

マンション

老後の生活が不安であるとか毎月入ってくる年金額が少ないといった場合、それを補えるということでマンション経営が人気になっています。ワンルームであれば少ない資金でも始められ、家賃収入が期待できるものです。但し空室が続く場合やその他の理由で失敗することもあるので注意が必要です。

Read